DIFFUSION


この作品の制作は反応拡散系数式との出会いから始まりました。この数式から生成される模様は、動物や昆虫、植物など自然界に存在する模様との類似性が指摘されています。生物の形態形成の基盤になっているのではないかとも言われています。数式を知った私は一つの疑問を抱きました。「なぜ人間には動物のような模様が無いのだろう?」調べていくうちに、人間もブラシュコ線という模様で覆われていることを知りました。ただそれは普通、非常に控えめで肉眼では見えません。
そこで私はある可能性に思い至ります。「この先、人間も動物のような模様を手に入れるかもしれない」と。近年、人類は細胞融合、遺伝子組換え技術などのバイオテクノロジーを利用して環境、医療、食料など様々な問題を解決しています。この先、大きな環境の変化(例えば、放射能汚染やオゾン層の破壊による紫外線の増加)から身を守るために他の生物のDNAとの融合が必要になるかもしれません。その結果、皮膚の表面に模様が出ることもあり得ます。また、古来より、宗教的、文化的、身体装飾などの理由から身体に模様を刻む習慣が存在します。傷をつけることなく皮膚に模様をつけることが可能であれば、遺伝子組み換えによってそうする人々はいるかもしれません。これら様々な可能性や問いかけをこの作品で提示しています。

映像には敢えて写真や手書きのイラストは一切使用しませんでした。作品内の模様や肌のテクスチャーは全てプログラムによって制作し、人間のモデルも3Dスキャニングされたものでなく完全にコンピューター内で制作するようにしました。この制約に従うことによって「人体を人工的に改造する」というテーマを具現化しました。作品には、発光する珊瑚、金属を自らの体に取り込む貝などの自然界の生物のDNAを取り込んだ人間が登場します。最終的には可能性を更に推し進めて、人間が植物や菌類のように個体同士が重なり合って群生し、個が消滅するまでを表現しています。人は人をどこまで改造するのでしょうか?そして、どこまでが人なのでしょうか?

This work begins with my encounter with mathematical formulas, Reaction-Diffusion Systems. It is reported that patterns generated by the systems have similarities to natural patterns of animals, insects and plants. It is also pointed out that this pattern could be the basis of the morphogenesis of an organism. Just after the encounter with the formulas, I had a question in my mind. Why isn’t human skin covered with patterns? As I researched, I found that human skin is also covered with the pattern, Blaschko’s lines. The stripes are ordinarily invisible with the naked eye, because they are very vague.

I consider that there is the possibility that people could obtain patterns like animals in the future. We have found solutions for the environment, medical treatment and food by using biotechnologies such as cell fusion and genetic recombination. In the future, if we have a drastic environmental change – for example, radioactive contamination or strong UV radiation due to the ozone depletion – we would need to recombine our DNA with different species’ for protection. Consequently, human skin could gain patterns. People have a long history of tattooing on the body for religious, cultural and decorative purposes from ancient times. If it were possible to wear tattoos with no hurt, people would do that by genetic recombination.

I didn’t use any photographs or any hand-drawn illustration in the video at all on purpose. Patterns and the skin texture were generated by programming and the human model was made not by using 3D human body scanning but by completely using a computer. I demonstrated the theme “to artificially modify the human bodies” by following the rules. In the video, you’ll see human beings having DNA transferred from other natural organisms such as luminescent coral and a shell absorbing metal into its body. In the end, I explored the possibility further and humans formed a colony of individuals, which represents the end of individuals. To what extent will we transform ourselves? Then what will be the definition of human beings?

Diffuson03